2011年05月02日

かまどめし炊き体験

4月16日(土) 曇り


栗東歴史民俗博物館のイベント、かまどめし体験に母子で参加しました。


大人と子ども、あわせて20人ほど。

参加費は一人100円とお米一合ずつ。

薪割り、米とぎ、味噌汁用の野菜切りの係にそれぞれ分かれて準備します。

この日人気だったのは野菜切り。

KIRAは米とぎ係をかってでました。

012.jpg


北風ぴゅーぴゅー吹くお勝手口の水場で、2升ものお米を一人でとぎあげました。

お釜は重いし、水は冷たい。よくがんばったね!


勾玉型のかまどに薪をくべ、火を焚き、みんなで順番に火吹き竹で息を吹き込みます。

018.jpg



「はじめちょろちょろ、なかぱっぱ・・・」

最後まで蓋をとってはいけません。

炊け具合は火吹き竹を釜にあてて、音で確認します。



ぐつぐつという音が消えたら炊きあがり。


お味噌汁も煮えました。

023.jpg



年代ものの貴重な祝い膳をお借りして、みんなでお膳の準備をします。

029.jpg



かまどの直火炊きごはんは、感激の美味しさ!!!!

大人も子どもも、おかわりの嵐!!

030.jpg



旧家には昔の遊び道具もありました。

お手玉、竹とんぼ、竹馬、こっぽりでも遊びました。

016.jpg





吹き曝しの家屋はとても寒かったけど、かまどのそばはぽかぽかしていました。

ストーブだったらすぐに部屋が暖まるわりに体は温まらず、

しばらく近づいていると皮膚の表面だけ焼けて低温やけどをおこしてしまうけど、

薪の火のそばは、ずっと座っていても体の芯まであったまって心地よかったです。


時間と手間はかかっても、これが人の本来あるべき生活スタイルなんじゃないかな…と

かまどの火を見つめながら考えていた私でした。


posted by 美生 at 17:53| 滋賀 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とっても美味しかったでしょうね^^貴重な体験がまたひとつ増えましたね。きらさんもよく頑張った!!!
Posted by びびんちょ at 2011年05月03日 13:19
>びびんちょさん

嫁ぎ先が農家なのと、私は活力鍋でご飯を炊くので
日ごろからおいしいご飯を食べていますが
かまどの直火炊きごはんは
本当に格別のおいしさ!!でした。
家にもかまど欲しいくらい。
Posted by 美生 at 2011年05月06日 15:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック