2007年09月30日

ヤマハ音楽教室@広州

ママ友に誘われて、広州にやっとできた、ヤマハ音楽教室の体験レッスンに参加してきました。

あ、娘の体験レッスンです。


感想 ⇒ 感動〜〜〜〜〜!!!!



何が感動って、初めてステージアに触れたこと!!

日本に泣く泣く残してきた愛器EL-900m と 何十冊もの楽譜たちが恋しいです。(T-T)

やっぱり私はエレクトーンから離れられないんだなぁって再確認しました。


昨日行ってきたのは中華広場9Fの直営店。どうやら広州の直営店はここだけのよう。

雑多な中華広場をエスカレーターで上る、上る、上る……。

入り口ドアにセコムの看板があがっていて、中国にもセコムがあったんだー、って ちょっと発見。

ガラス戸の中は。

日本のヤマハ音楽教室と同じでした!いえ、それ以上!

教室が新しいので、全ての設備がピカピカです。

ヤマハ音楽教室を開く時に必要なもの(グラウンドピアノ・講師向け高機種エレクトーン・生徒向けエレクトーン・ステレオセット・防音室など)が、全て揃っていました。

うぎゃーーーーー>< 講師向けステージア、このままかっさらって帰りたいっっっ!><!

肝心のレッスンも、ほぼ完璧。

30分のレッスン時間内に、歌(中国語でしたが^^;)、ドレミ3音からの指導、鍵盤、リズムなど、幼児に飽きさせることなく組み込まれていました。

先生はヤマハのシステム講師の資格をお持ちなんでしょうか?(←未確認)

ヤマハから指示される内容が全て入っていました。

私はヤマハ認定講師の資格しか持っていませんが、とても信頼できる指導内容でした。

教材も日本と同じ。(体験レッスンのは中国語でしたが…)


日本ではもう既に飽和状態の音楽教室。

大陸ではまだまだこれから。しかも需要は無限大!

ピアノも勿論素晴らしい楽器だけど、私はやっぱりエレクトーンが大好き!!

ヤマハはブランド名がある程度浸透してしまっていて、日本で講師をしていた時にちょっと納得のいかない部分もあるにはあったのですが、指導内容は本当によくできていると思います。

ただ曲を弾くだけじゃなく、初見あり、即興あり、ソルフェージュあり…と、幅広い音楽要素を身につけられるようになっているのは、私も認めざるを得ません。

昨日の体験レッスンを受けて、もう一度講師の勉強をやり直して(随分ブランク空いてしまったのでww)、ここ広州でエレクトーンを教えたい!!と、かなり真剣に考えてしまいました。(現実的に考えて無理なんですが…何よりまず中国語が。苦笑)


あー、せめてせめて、楽譜を日本から大量に持ち込んで、エレクトーンだけ弾きに通えないかしらwwww

どこでもドアがほしいー!><!



追記:レッスン自体は良かったのですが、まだ何もかも手始め状態で楽器店スタッフの対応はかなり不慣れでした。
 レッスン料も高いので、実際に子どもを通わせるとなるともう少し話をよく聞く必要がありそうです。
 上海スタッフ、上海に帰るんなら、もうちょっと軌道にのってからにしようよww



posted by 美生 at 08:15| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブルクミュラー25の練習曲 全音ピアノライ
Excerpt: ブルグミュラーは、1800年代のロマン派の作曲家です。この練習曲は1つ1つの曲にタイトルがついており、誰にでも曲想をイメージしやすくできています。全音のブルグミュラーには1曲ずつ解りやすい解説と、練習..
Weblog: 鍵盤楽器を...
Tracked: 2007-10-09 14:23